決算月翌月は安く出回るのでお得?

diet03_l

 

自動車を新車で購入する場合には、1年の中でもとも安く購入できるのは決算月であって、決算翌月ではありません。自動車メーカーの決算月と言うのは、現代においては4半期ごとの決算ですから、6月、9月、12月そして3月となりますが、3月が年度末の決算となりますので、最も重要な決算になります。そして、実際に3月が1年の中で最も車が売れる月です。なぜならば、販売店が値引きを拡大して売り込みをかけるからであり、つまりは最も安く自動車を購入することができるのです。
それではなぜ、年度末の決算月である3月に値引きを拡大して売り込みをかけるのかと言うと、自動車メーカーも株式会社ですから、株主に少しでも良い業績を報告しなければならないからです。そのために、販売目標を設定して、販売店にノルマを課し、販売支援金や対策金を支給して販売店を支援します。販売店は、メーカーから支給されたこれらのお金を使ってキャンペーン企画を立てたりしますが、その一部は値引きに回すことも可能となっています。そのため、3月は値引きが大きくなり、自動車を安く購入することができるのです。
但し、未使用車については決算月の翌月の方が安く売れます。なぜならば、3月の決算期で課されたノルマを達成できそうにない場合、販売店は自社購入してノルマを達成し、自社購入した車は未使用車として翌月から売り出すからです。未使用車とは、一度名義登録されたにも関わらず、誰にも乗られていない自動車のことです。殆ど新車ですが、一度販売店によって名義登録されているために、新車扱いはされない車です。

Comments are closed.