未使用車を購入するメリットとデメリット

試乗や展示会のためだったり、販売台数操作のためだったり、となんらかの理由でディーラー名義で陸運局に1度は登録された車を未使用車といいます。
そんな未使用車を購入する最大のメリットとは、車両本体価格が新車よりも大幅に値下がりしていることです。
未使用車は基本的に走行距離が1000キロ未満であり、新車登録から半年以内、外観や内装はほぼ新車と変わらず、メーカー保証もついているため、欲しい車が未使用車として売りに出されている場合、大変お得に購入できるのです。
また車両を登録する際に、すでに自動車重量税を支払っているため、次回の車検まで支払う必要がなかったり、購入した時の自動車税も購入年には支払わなくていいなど税の面でも負担を軽くすることが出来ます。
その他、新車よりも納車に時間が掛からないため、すぐに車が欲しい場合にはおすすめです。
このように購入するにあたっていいことが多い未使用車ですがデメリットもあります。
まず未使用車は登録することを目的とした車なので、オプションやカラーなどの注文をすることが出来ません。
したがって、どうしてもつけたいオプションがあったり、欲しい色がある場合には向いていないといえます。
また未使用車は既にメーカーが登録しているため、2人目のオーナーということになります。もしも、次に車を売却する時にはワンオーナーよりはいくらか査定が下がってしまうということを知っておきましょう。
また基本的には新車同様であることが多いのですが、中には登録からかなりの時間が経っていたり、状態の悪いところで保管されているようなことがありますので、購入前にはしっかり確認することが必要です。biyou02_l

Comments are closed.